ストレスチェックを実施するメリット

  • ストレスチェックを実施するメリット

    • ストレスチェックは2015年12月から従業員数50名以上の企業に義務づけられ、ストレスチェックの実施が開始されました。


      チェック診断を行なうことで企業と従業員、双方にメリットがあると言われています。

      ストレスチェックの情報を提供中です。

      企業側がストレスチェックを実施するメリットとして、労働安全衛生法などの法律を遵守することができ、従業員の生産性の低下を防ぐことができると考えられています。

      従業員の生産性はなかなか目に見えることができず管理が難しいという問題がありますが、定期的にチェック診断を行なう事で従業員の健康状態を把握することができるため、事前に対処をすることで病人を出すといった事態を回避することができると考えられています。

      従業員側からのメリットとしては、チェック診断を受けることで従業員本人が自覚していなかった自分の心身の不調に気付くことができるということです。

      OKWaveに関する情報です。

      ストレスはなかなか自覚することができず、仕事が忙しい職場の場合は自分だけが弱音を吐くことができないと思い込み、自信のケアがおろそかになってしまいがちです。

      チェックを受けることで本人が自覚でき、無理しすぎる前に気付くことができると考えられています。


      チェック診断を行なうことで病気の悪化や健康な人が病気になる可能性も低くなり、従業員全体の健康状態が良い状態になります。



      従業員の健康状態が良い職場は雰囲気が自然と明るくなるため、仕事の効率も向上し従業員同士のコミュニケーションもとれるため結果的に企業のためにもつながります。

  • これからの医療

    • なかなかストレスという概念を知ることができない人も多いでしょう。かたちがみえないものであることから、自分が実際受けているのがどうかそれすらわからない人も多いです。...

  • 1から学ぶ医療

    • ストレスチェックが義務化されている昨今、企業等の職場では、ストレスチェックを専門に行っているサービス会社の存在を知っておくと、役に立ちます。ストレスチェックサービスを請け負う会社では、ストレスの度合いをチェックし、ストレスが多い従業員のためには、医師による面接、相談を行っています。...

  • 情報分析

    • 2015年11月から厚生労働省の指導により、50人規模の従業員を抱えている会社はストレスチェックを実施する運びとなっています。このことから従業員のストレス具合を数値化することができますので、メンタルケアに役立てることができるでしょう。...

  • 医療の秘密

    • 現在実施されているストレスチェックでは、問診票を活用する形で行われています。その際に使用されることになる問診票は職業性ストレス簡易調査票と呼ばれているものを活用するケースが最も多くなっています。...

top